カードローンでお金を借りる、その後の返済方法

カードローンは、使用目的に関係なく、貸付限度額内であれば自動契約機、現金自動支払機(CD)や現金自動預入引出機(ATM)などを利用して手軽に現金を引き出せ、お金を借りることができるのが特徴です。逆に、自己の返済能力をよく考慮してお金を借りるようにしないと、返済不能に陥りやすい点に注意が必要です。銀行カードのほか、信販会社などが発行しているクレジットカードや、消費者金融会社などのカードがあります。このように利用目的を定めないローンを無目的ローンといいます。融資条件、融資額、融資利率、融資期間は各カード発行機関によって異なりますが、銀行などの融資利率よりかなり高くなっています。そして、カードローンは通常、リボルビング払いやアドオン方式などの返済方法をとります。


<リボルビング払い>

リボルビング払いは、クレジットカードの支払い方法の一つで、一定の利用限度額を設定し、その範囲内であらかじめ設定した金額を分割して支払う方法です。追加でお金を借りることをしても返済額は定額ですが、その分支払い回数が増えます。購入した商品だけでなく、返済回数も限定されませんので、返済残高がある限り返済を続けます。返済額を平均的に返せるメリットはありますが、しっかりと記録を残すなどのローン管理が大切になります。ちなみにリボルビングとは、回転するという意味です。

お金を借りる商品はたくさんある

お金を借りるというと、突然必要になったお金を借りるだけに聞こえるかもしれませんが、銀行や消費者金融では、多くの商品プランを準備しています。そのときの目的にあわせたローンでお金を借りることで、利息や規制なども変わってくるのです。


お金を借りる目的が決まっている場合

車を買う、結婚式をあげるなど、一定の目的でお金を借りる場合には、目的別キャッシングという方法があります。これは即日審査などでお金を借りるのと同じくらいの審査の時間で、利息が少しだけ安くなるものです。返済日が選ぶことができない、返済方法が引き落としのみになる場合などもありますが、利息の負担が少なくなるため、できる限り節約したいという場合には、この目的別キャッシングを利用することも考えてみましょう。


借金完済のためのおまとめローン

いくつもの場所からお金を借りている場合には、その数だけ返済を行う手間がかかります。この手間がなるべくかからないようにしているのが、おまとめローンです。一社で借り換え、返済を行うので、場合によっては、利息の負担が少なくなったというケースもあるそうですし、お金は実際には借りない特殊なローンでもあります。おまとめローンでは、商品を比較しながら選ぶことがたいせつになります。