教育資金の不足分として奨学金でお金を借りる

教育資金が十分でないため、どうしてもお金を借りるための手段としての奨学金は、公的機関から民間の団体まで数多くの奨学金制度が設けられています。さらに、居住している市町村でも設けられているケースもありますので、居住地での奨学金制度の有無についても確認しておくことが大事です。ここではいくつかの「奨学金」について紹介しましょう。


<日本学生支援機構の奨学金制度>

日本学生支援機構の奨学金制度は一般的に、教育資金のお金を借りるためによく利用されているもののひとつです。この奨学金制度は二種類あります。特に優れた学生や生徒で、経済的理由で著しく修学困難な者がお金を借りるための「第一種奨学金」。一般の学生を対象とした「第二種奨学金」。前者は無利息ですが、後者は利息付になります。


<その他の奨学金制度>

前述した、都道府県・市区町村で独自に行っている「地方自治体の奨学金」。交通遺児育英会が実施している「交通遺児育英会の奨学金」。あしなが育英会が実施している「病気・災害遺児育英制度」。企業・個人が設立した「民間育英団体の奨学金」。各新聞社が実施している「新聞奨学金」などがあります。最後の「新聞奨学金」は、新聞販売所勤務が条件になっています。