カードローンでお金を借りる、その後の返済方法

カードローンは、使用目的に関係なく、貸付限度額内であれば自動契約機、現金自動支払機(CD)や現金自動預入引出機(ATM)などを利用して手軽に現金を引き出せ、お金を借りることができるのが特徴です。逆に、自己の返済能力をよく考慮してお金を借りるようにしないと、返済不能に陥りやすい点に注意が必要です。銀行カードのほか、信販会社などが発行しているクレジットカードや、消費者金融会社などのカードがあります。このように利用目的を定めないローンを無目的ローンといいます。融資条件、融資額、融資利率、融資期間は各カード発行機関によって異なりますが、銀行などの融資利率よりかなり高くなっています。そして、カードローンは通常、リボルビング払いやアドオン方式などの返済方法をとります。


<リボルビング払い>

リボルビング払いは、クレジットカードの支払い方法の一つで、一定の利用限度額を設定し、その範囲内であらかじめ設定した金額を分割して支払う方法です。追加でお金を借りることをしても返済額は定額ですが、その分支払い回数が増えます。購入した商品だけでなく、返済回数も限定されませんので、返済残高がある限り返済を続けます。返済額を平均的に返せるメリットはありますが、しっかりと記録を残すなどのローン管理が大切になります。ちなみにリボルビングとは、回転するという意味です。